MENU

2016/06/30 10:19:30 |
銀行でのカードローンは手続きが面倒で時間がかかる、ハードルが高いといったイメージを持たれる方は少なくありません。最近では大手銀行でも手続きは早くなっているので面倒なことや時間がかかるといったことも少なくなっていますが、ハードルの面ではたしかにイメージどおりではあります。やはり金利が低くなる銀行のカードローンは審査基準も厳しくなり、思うように借り入れが利用できないのが現実です。特にメガバンクの低金利カードローンは申し込みにあたっての年収の制限こそありませんが、一定水準以上の収入が無いと審査に通らないとされています。金利と審査の基準には大きな関係があるため、収入が多くない方が低金利のカードローンに...
2016/06/30 10:19:30 |
借り入れの件数が多いと毎月の返済が大きな負担となってしまいます。返済日や金額がばらばらでそれぞれの借り入れ先の返済を確認するだけでも手間となり、さらに近くに対応する提携ATMがなくて銀行振り込みで返済をしているとなると、振り込み手数料も大きな金額となってしまいます。カードローンの返済は利息を払い続けても終わらず、借り入れの残高をしっかりと返しておかないといつまで経っても返済が終えられません。多くの借り入れがあると残高を減らすのも難しいので、借り入れ件数が多い方はおまとめローンによる一本化を考えてみるべきでしょう。おまとめローンは多くの借り入れ先を一つにまとめるものとなり、今後の返済を1社で済ま...
2016/06/30 10:19:30 |
事業資金が不足した際には通常の個人向けカードローンの利用はできないので、金融機関などの企業向けの融資を使うしかないとイメージされがちです。しかし、実際には他の方法で資金の調達は可能で、金融機関で借りるよりももっと早く手軽に事業資金が用立てられます。その一つがビジネスローンと呼ばれるもので、個人向けのカードローンと同じような使い方で事業資金が借りられます。カードローンタイプのビジネスローンなら繰り返しの借り入れにも対応をしているので、限度額内で何度でも借りられる大きな利便性もあります。事業の運転資金やつなぎ資金など、用途は事業資金であれば問われていない場合が多く、繰り返しの借り入れの際には都度の...
2016/06/30 10:19:30 |
週末に突然お金が必要になることもあり、給料日前などの手持ちが少ないときにはどうしても困ってしまうものです。節約して何とか給料日まで持ちこたえられれば良いのですが、外せない用事や出費によってお金が必要となるとカードローンの利用を考えるしかありません。クレジットカードのキャッシング枠を使うことや家族や親戚、友人知人に頼る手もありますが、そもそもクレジットカードのキャッシング枠があればお金が無いと悩みを抱える必要もありません。足りない分だけATMで素早く借りれば良いので、何も問題は無いでしょう。周りの人にお金を貸してほしいと頼むのはクレジットカードのキャッシングや、新たにカードローンを利用するよりも...
2016/06/30 10:19:30 |
配偶者には安定した収入があるとしても、本人では収入を持たない専業主婦の方は、カードローンを選ぶ際にはいくつかの注意事項があります。ネックとなるのが改正された貸金業法で、しっかりとルールを知っておかないと借りられないのに無駄な申し込みをしてしまうといった状況に陥る可能性があります。まず基本として知っておきたいのが、現在の貸金業法では専業主婦の方が一人でお金を借りることはできません。総量規制の関係で配偶者の確認や同意が必要となっており、貸金業者から専業主婦がカードローンによる借り入れを利用する際には「配偶者貸し付け」の制度を利用することとなるため、確認と同意が必須となります。配偶者に内緒でカードロ...